タブレットのメーカー

タブレットのメーカーは実はかなりたくさんあります。
元々パソコンの開発をしていた企業が多いのですが中には電子機器を作るメーカーではないところも参入しているのです。
しかもそのようなメーカーが多くのシェアを獲得しています。
日本国内でのシェアを比較してみますと一位のタブレットメーカーは何と47パーセントものシェアを誇っているのです。
しかしこれでも去年に比べますとかなりシェアは少なくなっています。
しかし出荷台数が少なくなったのではありません。
全体的な需要がかなり多くなったこともあり、一位のタブレットメーカーは売り上げが下がっていないのにも関わらずシェアは下がっているのです。
そして三位には6パーセントほどですが電子機器メーカでないブランドのタブレットがあります。
多くは一位のブランドを使っているものの実はかなりばらけていることがこれを見ると分かります。
ばらけている理由なのですが、実はそれぞれのメーカーによって大きさに大きな違いがあるからです、簡単に手で持てるようなスマートフォンよりも一回りほど大きなサイズのものかa4サイズのものまであるからです。
あと、夫々のメーカーにより利用用途が多少違ってきます。
本を読む事を目的にしたものやパソコンと同じような目的で使うものなど様々です。
メーカーは続々と新しく参入してきており、全く電子機器と無関係ところもかなり多く入ってきており、さらに今後ばらける傾向があります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ