タブレットの市場

タブレットの市場はこれからどのように変化していくのでしょうか。
タブレットは2010年から格段に需要が伸びてきました。2012年から2013年では前年度の50・6パーセントもの伸びがあったのです。
しかしここ一年でタブレットの市場はかなり鈍化してきているのです。
まだ出荷台数は減少していないのですが、先進国だけに注目をしてみますと新たなユーザーがそれほど獲得できておらずかなり伸び悩んでいます。
タブレットの出荷台数が伸び悩んでいる理由は現在はもう飽和状態になっているからなのです。
これはタブレットのみならず携帯電話やパソコンなどにも言えることなのですが、これらの場合は飽和になるまでにかなり時間を要したのですが、タブレットの場合はたった4年ほどで飽和状態になってしまったのです。
パソコンとは違いタブレットは価格が安いのも理由ですが、新たに参入する業者がかなり増えており、そのために価格競争が生まれたのも一つの要因となっています。
一般の家庭で利用するユーザーがあまり増えていませんのでこれからはこの層にどのようにすれば受け入れられるのかを考えることが重要な話題となっています。
パソコンやスマートフォンでも代替できるようなアイテムですのでここまで需要が伸びたことは非常に素晴らしいことでありヒット商品であったことに違いはありません。
ちなみにタブレットのシェアは上位の5社が全体の三分の二のシェアを独占しています。

サブコンテンツ

このページの先頭へ