タブレットとOS

街中でタブレットを使っているところを見ない日は無い、というほど多くの人が使っています。電車の中、カフェ、繁華街などあらゆる場所で見かけます。どんなシーンでも使い勝手が良く、また画面の小さいスマートフォンに比べて広い画面なので、見易さという点では圧倒的に軍配が上がります。
例えば、初めての場所で目的地が良くわからない場合にマップを使用するでしょう。このとき、スマートフォンでは詳細な市街地画面にするとごく一部しか見えないため、全体的に俯瞰することができません。なるべく全体を俯瞰しながら、目的地周辺だけ細かい場所を見えるようにしておきたいといったことが良くあります。こういった目的でタブレットを使用すると、広い画面で地図を広域が見えるようにしても、市街地は詳細に見ることもできるでしょう。
こういった利便性の高いタブレットを使用するために本体に搭載されているのがOSです。このOSが基本的な処理を行い、アプリが動作できる土台となっています。現在は大きく分けてAppleのIOS、またはGoogleのAndoroid、WindowsのWindows8が主流です。これらはタブレットで使いやすいようにさまざまな工夫が取り入れられています。また改良がかなりのスピードで進められていて、頻繁にバージョンアップが行われ、そのたびに使い勝手や速度が向上しています。
今後も開発が進められたり、新しいOSが出てくることで、さらにタブレットが使いやすくなって行く事でしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ